三冠レースは日本で最も注目度と人気の高い競馬です

三冠レースとは日本の競馬において、皐月賞、東京優駿、菊花賞の三つのクラッシックと呼ばれるレースのことで、
特に競馬の競走の中でも格の高い物となっています。 この三冠レースは三歳馬しか出走をすることができず、チャンスは一度きりとなっています。
それだけに多くの競馬ファンが、注目をする競走でもあるのです。

三冠の一戦目となるのが皐月賞で、イギリスの2000ギニーにならって設立された競走で、中山競馬場の芝2000mで行われる競走となっています。
皐月賞はクラッシックの中でも最も距離の短い競走であり、最も速い馬が勝つと呼ばれる競走でもあります。
クラッシックの初戦ということもあり、三歳の一流馬たちが始めて集結する競走となるので、力関係がまだはっきりしないということもあり
クラッシックの中では荒れやすい傾向のある競走となっています。

次に二戦目となる東京優駿ですが、一般的にダービーと呼ばれるこの競走は全てのホースマンにとっての目標であり、
この東京優駿に勝つために競馬に携わっているといっても過言ではないものとなっています。
東京競馬場の芝2400mで行われるこのレースは一回目と二回目が目黒競馬場で行われたのをのぞき、全て東京競馬場で開催されている競走となっています。
皐月賞や菊花賞が競馬場の回収などによって、他場に振り変わることがあってもこの競走だけは東京競馬場で開催されることから、特別な存在として扱われていることがわかります。
皐月賞から400m距離が伸びたこの競走は非常にタフな競走であり、出走頭数も多いことから最も運の良い馬が勝つと呼ばれる競走になっています。
それだけに数多くのドラマが生まれている競争でもあり、日本の競馬を象徴するものとなっています。

そして最後に菊花賞ですが、これは京都芝3000mで行われる長距離競争であり、最も強い馬が勝つと呼ばれています。
夏が終わり競走馬としての体が完成してくる時期となるだけに、春までは力が及ばなかった馬が実力をつけて一躍主役へと躍り出ることが多い競走となっています。
また、長距離ということもあり競走馬としての強さもさることながら、距離適正というものも重視されるものとなっていて、
強い競走馬であっても距離の壁に泣いて敗戦を喫すこともあり、この競走もまた多くのドラマを生み出してきたものとなっています。

このように三冠レースというのは、競馬において基礎となるものであり、他のレースと比較しても際立って格の高いものとなっているのです。
もちろん三冠以外にも、年間を通して日本では競馬のレースが開催されており、
土日は中央競馬、平日は地方競馬とそれぞれ楽しむ事ができます。
お祭り気分で盛り上がるもよし、本格的に稼ぐツールとして取り組むもよし、楽しみ方は無限大です。
予想のしやすい競馬情報サイトを使用して、より情報通になりましょう。